パワーステアリングフルードの役割とは

車のハンドルを操作する際に、実は大きな力を必要とする場合があります。しかし、現在車を運転していてそれを実感することはほとんどありません。場合によっては金手で車を操作することも可能となっています。それを可能としているのが「パワーステアリング」と呼ばれる部品です。パワステなどと略される場合もあります。
パワステがあるお陰で、片手でも簡単に車を操作することが出来ていると言っても過言ではありません。
仕組みとしては、オイルの力を利用してハンドルを軽く回すことが出来るように補助しています。ただし、ハンドルを滑りやすくしているというわけではありません。油圧を利用してハンドル操作がし易いようにしているのです。油圧を主な仕事としているオイルのことをフルードと呼びますので、パワステに使用されているオイルのことはパワステフルード、もしくはパワーステアリングフルードと言います。
パワステフルードはパワステポンプという専用のオイルポンプにより流されています。このポンプを回す役割をしているのはエンジンです。
パワステは車の操作性を上げるかわりに燃費を多少なりとも悪くしていると言えます。最近は、エンジンへの負荷の少ない電動パワステというものもあります。

コメントは受け付けていません。