パワーステアリングフルードの点検時期について

パワーステアリングのフルードは基本的には無交換で大丈夫です。オイルがしっかりと入っていれば、パワーステポンプが壊れるという事はありません。もし壊れる事がある場合は、パワーステオイル漏れを放置しておいて、パワーステオイルがポンプに供給されなく壊れる原因が考えられます。ですからオイルの量をしっかりと点検しておけばパワーステのポンプが壊れる事はありませんので、実際にはフルードの交換は定期的に交換しなくても大丈夫です。しかし油種類なので交換しないよりは交換した方がいいので、例えば10万キロごとに交換するのであれば交換するのもいいです。油圧式のパワーステはパワーステホースからオイル漏れをする事が多いです。その時にパワーステホースを交換するのですが、パワーステオイルがほぼ抜けてしまいます。抜けってしまって古いオイルを使う事はありませんので、新しいオイルを補充するわけですが、その時にオイルラインに残っている古いパワーステオイルを全部排出して、新しいオイルを足すほうが、パワーステポンプの為にはいいです。最近の車は電動式のパワーステが増えていますので、自分の車が油圧式なのか電動式なのか調べてから作業が必要になります。調べ方は取扱説明書に書いてある場合もありますが、メンテナンスノートにも書いてある事もあります。最終的によく分からない場合はディーラーに問い合わせる事で教えてくれます。

コメントは受け付けていません。