パワーステアリングフルードの点検と交換について

パワステには、パワステオイルが使用されています。これはパワーステアリングフルードとも呼ばれていて、ハンドルを軽くするのに役に立っています。ですがパワステオイルはあまり存在を知られておらず、トラブルが発生した時に初めて知るという人も多いようです。メーカーも具体的にメンテナンスの時期などを指定していないので、新車で購入して廃車にするまで一度も交換しないというケースも珍しくありません。ですが長く使えばそれだけ劣化して、十分に性能を発揮することが出来なくなってしまいます。そうなるとハンドルが重くなったり、パワステポンプが傷んだり、異音が発生するといった自体にもなりかねません。パワステオイルの点検は、ボンネットを開けてリザーブタンクの蓋を開けて行います。リザーブタンクの蓋にはゲージが付いていますので、それを使って量を確認します。もし真っ黒になっているようなら交換したほうが良いのですが、方法は2種類あります。一つ目はパワステオイルを全て抜いて、新しいものを入れるという方法です。この方法なら全量を新品に出来るのですが、パステポンプのエア抜きをする必要が有ります。ふたつ目はタンク内のパワステオイルだけを抜いて、抜いた分だけ新しいものを入れるという方法です。この方法だと全量を新しくは出来ませんが、エア抜きの作業が必要ありません。

コメントは受け付けていません。